2013年10月16日

クロック数


マイクロプロセッサーの動作にかかる所要時間を表す単位の一つで、クロック信号の周期の何回分に相当するかを表したもの。また、クロック周波数(clock frequency)のことをクロック数と呼ぶこともある。

ある処理や動作にどれくらい時間がかかるかをクロック周期何回分に相当するかで表現したものがクロック数である。1GHz動作のプロセッサはクロック周期が1ナノ秒(ns)であり、このプロセッサで5クロックかかる処理は秒単位で表すと5ナノ秒かかることになる。

主にパソコンのCPU部品の性能について表すのに使われます。
「動作周波数」とか、単に「クロック」などと呼ばれます。
最近のコンピュータでは、CPUのクロック周波数を、マザーボードやRAMなど周辺の回路よりも高めて使うのが普通になっています。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。