2007年04月21日

想定正答率とは


想定正答率とは
学習指導要領の内容を標準的な時間をかけて学習した場合に、予測される正答者の割合。学識経験者や教員らで作る問題作成委員会が事前に設定する。正式には設定通過率と呼ぶ。上下5%以内が「同程度」。仮に60%と設定した場合、55〜65%が「同程度」で、超えれば「上回る」、達しなければ「下回る」と分類される。

毎日新聞 2007年4月14日 東京朝刊
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。