2007年05月10日

武器輸出3原則とは


武器輸出3原則とは
冷戦期の1967年に佐藤内閣が表明。(1)共産圏(2)国連決議で武器輸出を禁じた国(3)国際紛争当事国−−への武器輸出を禁じた。76年に三木内閣が3条件以外の国への輸出も慎むとして、事実上の全面禁止とする政府統一見解を発表。その後1983年に対米武器技術供与を認めたほか、2004年にはミサイル防衛(MD)での日米共同開発・生産を3原則の例外とした。

毎日新聞 2007年5月10日 東京朝刊
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。