2007年05月18日

マニフェストとは


マニフェスト
数値目標、期限、財源、工程表などが入った検証可能な選挙公約。国政選挙で各政党が掲げる「パーティー・マニフェスト」に対し、首長選や地方議員選の候補者が掲げるマニフェストを「ローカル・マニフェスト」と呼ぶ。

 03年10月の公職選挙法改正で、国政選挙では政党マニフェストを記したパンフレットや書籍の配布が認められた。枚数は無制限だが、配布場所は▽選挙事務所▽個人演説会場▽街頭演説場所の3カ所に限定されている。

 さらに今年2月の改正では、首長選の候補者にA4判で両面印刷可のビラの配布が解禁された。上限は知事選が10万〜30万枚、政令市長選7万枚、一般市区長選1万6000枚、町村長選5000枚。配布場所は国政で認められている3カ所のほか、新聞折り込みも可。

 地方議員選挙では会派や個人が、具体的な政策を盛り込んだ「ローカル・マニフェスト」を作成する動きも広がっているが、選挙期間中の配布は認められていない。

毎日新聞 2007年5月13日 東京朝刊
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。